意外と見落としがちな重要な調理器具がある

菜箸の重要性を忘れてはいけない

ここまで、初めて1人暮らしをするという方に向けて、おすすめの調理器具を紹介してきました。
これで、お鍋や包丁といった基本的な調理器具の準備についてはご理解いただけたことでしょう。
ここでは、あると役に立つ「菜箸」というアイテムについてご紹介していきます。
普通の箸でも代用可能といった理由から割愛されがちな菜箸ですが、実はあるととても便利なのです。
つかむことに特化した菜箸は、通常の端に比べて非常に長く、また先端付近に滑り止めがつけられています。
様々なアイテムを掴むことが出来るよう、細かな工夫が為されているのです。
そのため、菜箸が1つあれば、インスタントの麺を茹でる際にも、また煮込み料理の食材の取り分けの際にも、熱くて取りづらいといった思いをせずノンストレスで料理をすることが出来ます。菜箸一つで料理のしやすさがぐっと変わりますので、ぜひとも菜箸を使ってみてください。

菜箸が難しいなら

菜箸は調理の際に欠かせない調理器具なのですが、人によっては使いづらいと思われている方もいると思います。そんな方に菜箸の代わりにご紹介したいのがトングです。
トングのイメージは、焼き肉屋さんなどで食材を掴むアイテムというものでしょう。しかし、近年では様々なトングが登場してきています。菜箸のような長さのあるトングから、鍋の底を傷つけないようシリコンが装着されたトングまで、使い方に合わせて選ぶことが出来るのです
トングは菜箸に比べて指の力を上手に使うことが出来るので、例えばレトルトのソースを袋からしっかりと出す際にも使えます。湯銭で熱くなったレトルト袋は素手で掴むと熱くて持てません。しかしトングで掴んで、ゆっくりと袋の出口にスライドさせれば、袋内に残ったソースを出すことも出来るのです。料理をしないという方でも1つ持っているだけで調理を楽しむことが出来ます。


この記事をシェアする