食材を切るために必要な調理器具とは

包丁は何を選べばいいの

初めての1人暮らしでは、食材を切るのに包丁が必要です。料理をせず外食が中心でも、包丁は何かと使う機会が生じるもの。1本は持っておいて損ありません。
そんな包丁を選ぶ際に大切なのが、素材選びです。
包丁はほとんどが金属で出来ていますが、こうした金属はメンテナンスが前提として作られています。料理をするうえで包丁の切れ味はとても大切です。
切れ味の良い状態を保っておくために包丁のメンテナンスは欠かさないようにしましょう。

しかし、初めての1人暮らしでは包丁のメンテナンスにまで意識がいかないこともあると思います。そのような方には、セラミック製の包丁がおすすめです。
セラミックは金属ではないのでサビる心配がありません。
食材への金属臭移りの心配も無いので、
時々使うという程度なら置いておくのに便利なアイテムです。

包丁の代用でハサミは使えるのか

1人暮らしで調理器具を準備する際に、包丁の代用品としてハサミを用意するというケースもあります。ハサミでの調理には少しコツがいりますが、うまく活用することできちんとした料理を作ることも可能です。
そのため、料理の経験があるという場合には包丁の代用品としてハサミを活用するのもオススメです。しかし、前述したようにハサミの活用自体にコツが必要ですので、料理に不慣れな方はきちんと包丁を用意した方がよいでしょう。
お家でインスタントラーメンを作ろうと考えたとき、最後の仕上げに細かく切ったねぎを投入したい、そんな時にはハサミを活用してください。
包丁のようにきれいに切れたりはしませんが、みじん切りのようにとにかく細かくしたい場合にハサミは効果的なのです


この記事をシェアする